札幌駅16番出口より
徒歩7分アクセス良好!

無心の心が人を動かす

 | ,

おはようございます。

札幌は昨日の夜から雨。かなりの雨足で夜中に何度か目が覚めてしまいました。

 

私は今、とある交流会を開催することになり準備に追われています。その交流会は200名規模の大きなものです。行政や他の団体の協力も必要です。お手伝いして頂く方への挨拶周りも大事な仕事のひとつです。

 

稲盛和夫さんは著書の中で、

人を動かす原動力は、ただ一つ公平無私ということです。無私というのは、自分の利益を図る心がないということです。あるいは自分の好みや情実で判断をしないということです。

と述べられています。

何か大きなコトを為すときには私利私欲のひとかけらもあってはなりません。無私の心を持つリーダーならば、その後に必ず人はついてきてくれます。逆に自己中心的で私欲がチラチラ見える人には、嫌悪感が先立ち人はついてきてくれないはずです。後ろを振り返った時に誰もいなかったではすまされません。

 

沢山の経営者の方とお付き合いさせて頂いた中でも、やはり、私利私欲の強い経営者のもとでは人の入れ替わりも激しい傾向にあります。

 

明治維新の立役者、西郷隆盛氏は「金もいらない、名もいらない、命もいらないという奴ほど、始末に負えないものはない。しかし始末に負えない者でなければ、国家の大事を任せるわけにはいかない」という言葉を残しています。つまり私欲がない者でなければ、高い地位につけるわけにはいかないと言っているのです。

 

自分に振返った時にどうでしょう。チームを纏める立場でありながら私利私欲はありませんか。人が離れていったとき心に手をあててよく考えてみてください。思い当たることがきっとあるはずです。

 

今日は自戒を込めて。