札幌駅16番出口より
徒歩7分アクセス良好!

ファーストペンギン

 | 

おはようございます。 今日も雪の札幌。スキー場のオープンしていよいよスキーシーズン突入です!。やったー!。 来週末あたり初すべりに行こうかしら・・・。

 

皆さんは「テプラ」はご利用になりますか?。 私たちもよく使います。ファイルに貼ったりと本当に便利な「テプラ」。 実はこの「テプラ」、社内の猛反対をありましたが当時の専務(現社長)が強引にすすめ商品化し大ヒット!。

1998年に「テプラ」を商品化したキングジム。 当時は小さな企業でした。 開発に当たっては

社内の猛反発、「ライバルの総合事務用品メーカーに勝てるとすれば、ファイル一筋で押していくことだ」会社を二分するくらいの雰囲気だったそうです。

 

専務が社長に相談すると「売れないと最悪で5億円ぐらい損するかもしれない。大丈夫でしょうか?」と相談しました。 当時の経常利益は10億円ほど。 社長は「それだったら会社は傾かないからやってみろ」と言ってくれました。 あっさりOKしてもらえ専務はあっけにとられたそうです、笑。

 

このキングジムは「10回中9回三振でもいいから、10回目でホームランを打て。シングルヒット狙いはやめろ」という会社、キングジム。

「ポメラ」を開発したのは、それまで売れない商品ばかり考えていた「ダメ社員」だったそう。

それがポメラで一躍ヒーローとなり、会社としてさらに大きくもり立てたのです。

キングジムでは毎年1月、前年1年間で最も活躍した人を営業から製造、開発まで全分野から社長賞に選び、金一封を贈ります。 ポメラはヒット商品になったので現金100万円。 みんな驚くわけです。「あのダメ社員が」と。 マスコミにも「彼が当社のヒーローです」と紹介するので、どんどん有名になりますよね。

 

こうやってヒーロー・ヒロインを意識的につくっていって「誰でもヒーロー・ヒロインになれるんだ」と伝えていくとこの形がすごく大事だと思います。 現場でチャレンジした人をほめてリーダーに育てる、周りもそれを見てチャレンジするのです」

 

社長は「ファーストペンギン」という言葉をよく使います。

 

最初に飛び込むのは実は空腹に耐えかねた愚か者であるとか、勇気を持って飛び込むからこそ魚を真っ先に獲れると、いわれます。 でも社員たちには「海の中にはシャチやアザラシなど、ペンギンにとって恐ろしい動物がたくさんいるけれど、恐れず真っ先に飛び込んでいこう。常に失敗を恐れず、商品開発に当たろう、新事業に挑戦しよう」と言っています。