札幌駅16番出口より
徒歩7分アクセス良好!

1人あたり年間6本は食べている。

 | ,

こんにちは。 久しぶりに快晴の札幌。 気持ちいいです。

皆さんは「うまい棒」お好きですか?。 そう駄菓子の。 昔はよく食べましたね、めんたいこ味が好きだったかな。   うまい棒の発売から40年経ちますが、今でも10円で販売されています(すごい事ですね!)。 毎年新しい味を1~2種類を発売し、レギュラーの味は14種類もあり、新味が人気になればレギュラー味と入れ替えるそうです。 そんなうまい棒を販売している「株式会社やおきん」の

企業理念は「いつも定番ばかりに頼っていると、一度飽きられてしまえば終わりなので、常にいろいろな味に挑戦しながら定番を改廃させていく形も必要。」  

アイスのガリガリ君もそうですよね、定番のソーダ味があり、ときどき面白い味を発表しています。ナポリタン味などインパクト大でしたね!。

新味開発について、株式会社やおきんの社長はこうおっしゃっています。 「面白い発想は堅苦しい社内の会議では絶対に生まれません。どちらかというと、外で飲んでいて(この料理の味はうまい棒に生かせるんじゃないか?)といった直感やひらめきなどを大事にしています。」とのこと 。

みんな大好きめんたいこ味の発売の際、めんたいこ自体が関東ではまだ知られた食べ物ではなかったので、本当に売れるのか半信半疑だったそうですが、実際に発売したら子どもたちが喜んで食べてくれて大ヒット!!!。

「子ども=甘いもの好き」「大人=しょっぱいのが好き」という固定観念を良い意味で崩したのが、大ヒットめんたいこ味のうまい棒だったのかもしれませんね。

ついつい自分の固定概念に縛られてしまいますが、時にはふと見る方向を変えると、何かいつもと違った景色が見えるかもしれませんね。

 

それにしてもうまい棒、10円は安いですよね。 昔から原材料や人件費、運送費の上がっているのに。 この10円には製造メーカーや原料メーカー、運送会社など、製造にかかわるすべての人たちの協力のよっての10円で販売しているそうです。 値上がりしてもいいような、値上がりすると子供達の楽しみが無くなるような・・・。