札幌駅16番出口より
徒歩7分アクセス良好!

「やってみなはれ」

 | ,

おはようございます。 先日の大雪で札幌市内の積雪は例年並みだそうです。 やっぱり帳尻が合いましたね、笑。 しかし、一度に大雪となると除雪が大変ですね。

 

皆さんサントリーの「クラフトボス」は飲んだ事はありますか?。 短くで少し太めのペットボトルのオシャレな感じのコーヒー・ミルクティーなど。 オシャレな感じって言っている時点でオシャレではないか、笑。

「クラフトボス」シリーズは仕事中に飲みたいオフィスワーカーのニーズをつかみ、2017年の発売以降ヒットを続けています。

 

シリーズの中のミルクティーは2019年7月に発売されました。

今までのミルクティーと言えば「甘ったるい」「後味がくどい」のイメージ。まるで「おやつ」のような味わいの商品が大半でした。

「手で入れた物やカフェのミルクティーは大好きだけど、ペットボトルのミルクティーは苦手」…という方が多いことにサントリーの社員が着目しました。

 

開発にあたって「ただ甘さを控えるだけでは、おいしい味は作れません。紅茶の華やかな香りと、ミルクの心地よいコクとの絶妙なバランスが、この味を支えています。」とのこと。

 

またパッケージにもこだわりました。

ミルクティーの定番カラーと言えば白、ネイビー、ゴールド。 それらが伝統的な紅茶の世界観を表現し、「休憩中に飲むもの」「甘くて濃くておいしそう」というイメージを形づくってきたのは事実でしたが、サントリーの狙いは今までのミルクティーとは異なり、「働く人の気持ちを軽やかにし、気分を上げる」というもの。

イメージカラーを「ペールブルー」(水色っぽい色)と言う色にチームで決定。

「かわいすぎる」「紅茶の色使いではない」。これまでの常識に反していたので反対意見も出たそうですが、

「チームで意志を持って、この色でいきたい」強く押し出しました。

たかがパッケージの色一つと思われるかもしれませんが…、『これで行きたい』というチームの強い意志がなければ、きっと通らなかったそうです。

 

 

サントリー社員が胸に刻んでいる言葉『やってみなはれ』

創業者の鳥井信治郎氏が新事業に挑戦する社員を「やってみなはれ」と励ましたときのDNAが脈々と今も受け継がれています。

『やってみなはれ』は、『そこにあなたの意志がちゃんとあるか?』と問われいる感じだそうです。