札幌駅16番出口より
徒歩7分アクセス良好!

月末、がっかり。

おはようございます。今日も怪しい天気の札幌。今にも雨が降り出しそうです。

先日研修に行ってきたのですが、その内容が興味深かったので今日のブログで書きたいと思います。

「損益分岐点」=赤字と黒字の境界線の売上高

「限界利益」 =売上高-変動費(仕入、消耗品費等)

「限界利益率」=限界利益を売上高で割ったもの。

たとえば、とあるお蕎麦屋さん。

売価 ・@500円

変動費・@200円

固定費・600.000円 とします。

月に1.500杯販売したとします。 赤字になったでしょうか、それとも黒字?。          売上高が750.000円-変動費300.000円=450.000円が限界利益になります。 固定費が600.000円かかっているので、450.000円-600.000円=マイナス150.000円の赤字になります。

それでは月に何杯売ればトントンになるでしょう?。                     まず損益分岐点の計算から。固定費600.000円÷限界利益率60%=1.000.000円。                          1.000.000円÷@500=2.000杯 一月あたり2.000杯売ってトントンになります。

 

また、@400円に値下げして、月の利益を200.000円出したければ、何杯売ればいい?。             この場合は限界利益率が50%になります(値下げしたので)                              固定費600.000円+目標利益200.000円÷限界利益率50%=1.600.000円               1.600.000円÷@400=4.000杯売れば目標達成です。

、といった具合です。 面白いでしょ?。 先に計画を立て、それにはどうすれば、達成できるかを具体的に数字で表す。ココが重要です。これが、経営計画書。 ただそばを売っていて月末ビックリする数字でがっかりするのか、 先に数字と表し固定費や変動費を見つめなおすことで、目標達成の近道があるのです。