札幌駅16番出口より
徒歩7分アクセス良好!

容赦はしない

札幌では先週末、多くの小学校で運動会が行われましたね。うちの近所の小学校でもあり、朝からご家族で行かれていました。 そんの運動会、最近競争しない学校もあると聞きびっくりしました。 徒競走ではみんな手をつないでゴールする。「えー!、」です(笑)。

ネットで調べると、小数ですが競争しない学校はあるみたいです。競争しない運動会を行う理由に「わが子が失敗、挫折をするのを親として見ていられない」「子ども同士の差別意識が生まれる」などなど親からの目線があるみたいですね・・・。

私の小学校のときの運動会は競争しましたね。30mだったかな、徒競走を走るはとても遅くいつも最後尾争いでした(笑)。 けれども障害物競走などでは運を味方に付けいつも上位にフィニッシュし、親から100円くらいだったかな、お小遣いを貰っていました(笑)。そのお小遣いが楽しみに毎年の運動会を走っていた記憶があります(笑)。

運動会での思い出でリレーですね。私はもちろん走りませんでしたが、それまでクラスで地味だった子がリレーのアンカーを走り、みんなをゴボウ抜きしクラスの人気者に。女の子はみんな目がハートマークになってましたね(笑)。

勝つ喜びと負ける悔しさがあるから人生は楽しいと思うのですが・・・。

ちなみに私の知人は別の知人のお子さんと公園でかけっこをした時、全力で走り、子どもに圧勝。知人たちからは「子ども相手に全力で走るかー」、と爆笑されたそうですが、 「子供だからといって容赦はしない、それはこの子にもよくない」と言ったそうです(笑)。

この子には競争社会が始まった(笑)。 勝つ喜びと負ける悔しさが芽吹くといいな。