札幌駅16番出口より
徒歩7分アクセス良好!

Siriにありがとうを言ってみた

 | ,

おはようございます。

 

みなさんは音声アシスタントのSiriを使ったことはありますか?

行先までの道のり、明日のお天気等、私は時折お世話になっています。

その答えはいつも適切、札幌にいるときは札幌の天気を他の地域にいるときはその地域の天気を瞬時に答えてくれる素晴らしいアシスタントさんです。

相手が人間なら適切な答えをくれたアシスタントさんにお礼を言うのは当たり前ですよね。Siriにもお礼を言ってみました。

 

私「どうもありがとう」

Siri「お役に立つことこそ私の使命です」・・・完璧なお答え!(笑)

 

この「使命」

広辞苑によれば自分に課せられた任務・天職とあります。

弊社の使命は「日本中の中小企業を笑顔にする」です。

弊社の経営計画書には、「私達の夢は、お客様の笑顔の数№1の会社になることです。」と書かれています。この夢に「命を使って」取り組む。

 

松下幸之助さんのダム式経営の話をご存じでしょうか。ダムをつくってそこに常に一定の水が貯えられるような、余裕のある経営をやるべきだというお話です。

この講和を聴いたある人が「今余裕がないのをどうすればいいのか、それを教えて欲しい」と質問をしました。松下さんは「そんな方法は私も知りません。知りませんが余裕がなくてはいかんと思わないといけません」と答えられました。つまり松下さんは「まず思わなかったら、そうはならない」ということをおっしゃったのです。理想に対して「そうは思うけど現実には厳しい」という気持ちが心の中にあっては、ものごとの成就が妨げらるということです。

 

稲盛和夫さんはこうおっしゃっています。

人は自分が信じてもいないことに、努力できるはずがありません。強烈な願望を描き、心からその実現を信じることが、困難な状況を打開し、ものごとを成就させるのです。

 

みなさまの会社の「使命」なんですか。