札幌駅16番出口より
徒歩7分アクセス良好!

100年ブランド

 | ,

おはようございます。 曇り空の札幌。 どんよりしていますね。 そして、今日新型コロナウイルスの感染を受けとうとう「緊急事態宣言」が発令されますね。 早く穏やかな日に戻ってほしいですね。

 

 

日本の100年ブランド。「全国の小売店で買うことができ、生活に密着した商品」を探してみると一部ですが、下記の商品がヒットしました。

 

・「三ツ矢サイダー」(アサヒ飲料) 1884年

・「花王石鹸」(花王) 1890年

・「蚊取り線香」(金鳥。社名は大日本除虫菊) 1890年

・「森永ミルクキャラメル」(森永製菓) 1899年

・「亀の子束子」(亀の子束子西尾商店) 1907年

 

すべてシンプルなモノばかり。 シンプルイズベストです。  結局シンプルなものが、飽きがこなくて長続きするのですね。

 

話は変わりますが、最近のタピオカブーム、いたるところでタピオカの文字を見かけますね。 ファミレス、回転すしでも販売しているみたいです。

で、このタピオカブームの次は何が来るか調べると「チーズティー」や「バナナジュース」「レモネード」などが次に来るのではと言われています。

「チーズティー」は台湾茶やウーロン茶をベースに塩をきかせたチーズクリームをのせたドリンクで、見た目も可愛く、インスタ映えするということでも話題になっています!

今の時代のキーワードは「シンプルイズベスト」より「インスタ映え」です。  そう考えると「バナナジュース」「レモネード」より「チーズティー」が次にくるのですかね。

 

でも100年ブランドとしては残るのは流行の商品よりも「シンプルイズベスト」なも。